最先端の半導体ソリューションで新たなマーケット・ニーズを切り拓きます。

イメージニクス社がBarco Silex社の4K VC-2 HQ ビジュアル・ロスレス圧縮・伸長コアを採用

2017-11-24

2017年11月16日

ベルギー、ルーヴァン,ラヌーブー2017年11月16日ー 画像業界のリーディングIPプロバイダーのBarco Silex社と、高品質プロフェショナルA/V装置メーカのイメージニクス社は、.画像圧縮・伸長用のVC-HQ IPコアをイメージニクス社の次世代4K映像対応のHDMI同軸送受信装置向けにライセンスしたことを発表しました。このVC-HQエンコーダとデコーダコアは、HDMI2.0の送信と受信モジュールに搭載され、ビィジュアル・ロスレスの画質を保ったまま、4Kビデオを最小のレテンシーで同軸ケーブル経由した長距離伝達を実現しました。

VC-2 HQ はユニ-クな圧縮コーデックであり、プロフェショナル・アプリケーション向けに開発され、SMPTE ST-2042として標準化されています。主な用途は、4K/8K等の高解像度のビデオコンテンツを視覚上ロスレスの品質で圧縮し、IPネットワーク或いはレガシー・インフラを経由した低遅延リアルタイム転送です。「標準化されたメザニン圧縮がA/Vハードウェア市場で必要としていることを見込んで、当社のビデオ専門家は信頼性が高く、軽量で小面積のハードウェアコアのVC-2コーデックを開発しました」と、Barco Silex社のビデオ製品のマーケティング・マネージャのGregory Baudet氏は言います。「イメージニクス社が次世代のプロフェッショナルA/V製品に当社のビデオコーデックを採用したことを非常に嬉しく思います。」

イメージニクス社の新製品ライン(4K IMG.LINK Rev2)は、同軸ケーブルでHDMI機器を繋ぐHDMIトランスミッタ/レシーバ・モジュールで構成されており、HDMI 2.0規格のビデオとオーディオ信号を1本の同軸ケーブルで長距離伝送することができます。この新製品は、HDMI 2.0/HDCP2.2規格対応の4K@60fpsの4:4:4カラービデオ伝送を行います。最も重要なことは、伝送距離がHDMI信号の解像度に依存しません。これは、搭載したBarco Silex社のVC-2軽量圧縮コア(圧縮率:2:1~6:1)によって実現出来ました。


「プロフェッショナルA/V伝送機器には高画質と低遅延が不可欠」とイメージニクス社のCTOの村上信幸氏は言います。「Barco Silex社のVC-2コーデックIPコアは、当社の低遅延伝送装置で、4:4:4のPC素材を含む4Kビデオを、6:1の圧縮時も十分な高品質を達成しています。また、本VC-2 IPコアは、他のIPコアに比べ、実装するのがとてもに簡単です。単純なレジスタ設定後、エンコード/デコード動作中に特別な制御は一切必要ありません。

 

Barco Silex社について
Barco Silex社は、ハイエンドの画像ビデオおよびセキュリティ技術を提供するリーディングカンパニーです。オーディオ/ビデオ圧縮およびトランスポート・アプリケーション用のOEMソリューションを提供しています。また、ASICまたはFPGA用のIPの形式で、幅広いビデオ圧縮技術のライセンスをしています。この技術は、多数の放送、プロAVおよび防衛市場の有力企業に採用されています。Barco Silex社は、組み込みセキュリティ分野も注力としています。ビデオ転送と組み合わせることで、安全なビデオ伝送とコンテンツ保護のソリューションを提供します。Barco Silex社は、エンターテイメント、エンタープライズ、ヘルスケア市場向けのビジュアル・ネットワーク製品のリーダーであるBarco社の子会社です。
詳しくは www.barco-silex.comをご覧ください。

 

イメージニクス社について
イメージニクス社は、大手企業や放送会社向けの高品質のプロフェッショナルA/V製品のリーディング・カンパニーです。マルチスキャン・コンバータ、DVI/HD-SDI/HDMIデジタルマトリックス・スイッチャー、HD-SDIディストリビュータ、ビデオ・エフェクタ、シグナル・モニタ/ジェネレータとネットワーク/ PCビデオ・インターフェース等最先端技術と費用対効果の高いスタジオ機器を提供しています。
 詳しくは http://www.imagenics.co.jpをご覧ください。